株式会社Rehab for JAPAN

NEWS

お知らせ
2020.10.01
お知らせ

『AgingTech総合研究所』設立のお知らせ

Rehab for JAPANでは「介護に関わるすべての人に夢と感動を」をビジョンとし、デイサービス向けクラウド機能訓練ソフト「リハプラン」を展開しています。 ビジョンの実現にあたって当社が展開する事業だけではなく、様々なプレイヤーと連携し、広く社会に対して、介護業界の将来について認知を高めていく必要があると考えています。

その中で当社は、介護システムの未来をデザインし、社会に提案するシンクタンクとして、『AgingTech総合研究所』を設立するに至りました。

当社はリハビリに特化した独自のデータベースを有しています。このデータベースの特徴は「高齢者の介護リハビリの計画と実績」の集積であると共に、高齢者の日常生活の状況や本人の興味関心に関する深いデータがあります。

このデータベースを活かし、『AgingTech総合研究所』では高齢化に伴い生じる諸課題の解決に寄与する新たな技術-Aging Tech -の実証事業の実施や、メディカルケア・ソーシャルケアに関連する政策・制度・規制に関する調査研究を行っていきます。

さらに、外部団体・専門家を招聘し、ソーシャルケアセクターと行政とアカデミアの連携を後押ししてまいります。

■取組内容
情報発信・提案
Aging Tech 領域の実証事業より得られたエビデンスの発信
Aging Tech の社会実装を進めるための政策提言
調査・研究
Aging Tech 領域の実証(評価・効果測定)事業
医療・介護・高齢者福祉政策の調査研究
マルチステークホルダー・パートナーシップ形成
オンライン介護研究プラットフォーム事業の運営

——————————————————————————————————–

正式名称:株式会社Rehab for JAPAN AgingTech 総合研究所(Aging Tech Institute )
設  立:2020 年10 月
所  ⻑:大久保亮(株式会社Rehab for JAPAN 代表取締役)
所在地 :東京都品川区⻄五反田8 丁目8-15 カーニープレイス五反田8F
活動内容:高齢化に伴い生じる諸課題の解決に寄与する新たな技術-Aging Tech -の実証事業・メディカルケア・ソーシャルケアに関連する政策・制度・規制に関する調査研究・新たなテクノロジーを活用した高齢者ケアの実現に向けたソーシャルデザイン
連絡先 :E-mail: ati@rehabforjapan.com 
                  TEL: 03-6712-7770
——————————————————————————————————–